TOP > 研修会報告(僧侶向け)

研修会報告(僧侶向け)

平成30年度布教講習会 報告

1、期日 平成30年11月20日(火)~21日(水)
2、会場 ホテルモントレ仙台
3、講師・演題
 
東洋大学文学部教授 渡辺章悟 先生
講義①「仏典翻訳の意義とその実際」
講義②「般若心経の世界-言葉の伝承と音の伝承-」

【経歴】1953年1月14日生まれ,群馬県出身.法政大学文学部哲学科卒,東洋大学大学院博士課程修了,インド・ デリー大学,St. Stephen’s College 哲学科客員研究員,東洋大学文学部印度哲学科助教授をへて,2000年より同文学部東洋思想文化学科教授.その間、東京大学、早稲田大学、国際仏教学大学院大学の講師を歴任、現在,大正大学大学院講師、(公財)中村元東方研究所研究員、(公財)仏教伝道協会研究員を兼任.仏教伝道協会では英訳大蔵経編集委員会・委員として、30年以上に亘って勤務している。専門分野:初期大乗仏教の起源、般若経を中心とする経典研究
 
 
人権学習
青森県宗務所人権擁護推進主事
青森県松源寺住職 寺田幸紹 老師
「ハンセン病と人権~松丘保養園との交流から見えてくるもの~」

 
曹洞宗特派布教師 福島県長秀院住職 渡辺祥文 老師
講義③④「告諭を中心に現代社会と切り結ぶ」

受講者数 64名