東日本大震災 慰霊行脚  「祈りの道」

東北の曹洞宗僧侶が心をひとつにして、岩手・宮城・福島の被災沿岸部を慰霊と復興を願って行脚した「祈りの道」。
岩手県側(北ルート)と福島県側(南ルート)から出発し、126名の僧侶が550キロの行程をリレー形式で行脚しました。
最後は石巻市の洞源院に集結し、慰霊・復興祈願法要を行いました。


            inorinomiti_s.jpg

            ●動画を観る 「祈りの道 記録編」(69分) YouTube




inorinomichi.jpg恐山採火式
お水とり式


   ■北ルート


roadmap_n.jpg  
  

iwate67.jpg5月6日
5月7日

iwate89.jpg5月8日
5月9日

iwate1011.jpg5月10日
5月11日


   ■南ルート


roadmap_hukusima_n.jpg  
  

hukusima67.jpg5月6日
5月7日

hukusima89.jpg5月8日
5月9日

hukusima1011.jpg5月10日
5月11日


face.png

お問い合わせ

■問い合わせ先
〒981-3117 宮城県仙台市泉区市名坂楢町169-4 曹洞宗東北管区教化センター 『祈りの道』係
Tel:022-218-1381  Fax:022-218-1382